iタウンページから情報を集める

今注目のiタウンページ情報収集方法を紹介します

ツールを利用してiタウンページから情報を収集する

最新でかつ正確な情報を入手することができる

効率的な営業を行うためには、適当に営業をするのではなく名簿があった方がいいです。名簿をつくる方法は主に2つあり、名簿業者から購入する、自社のスタッフでつくると言う方法に分かれます。ただ、名簿業者から購入した情報が常に最新のものとは限りません。名簿を購入したあとに最新のものなのかを確認すると、コストがかかります。自社のスタッフで名簿をつくる場合、手作業で作るのと、企業リスト収集ツールでつくる方法から選択できます。企業リスト収集ツールとは、iタウンページなどのウェブサイトから企業情報を収集するツールのことです。膨大な情報を手作業で入力するとなると、間違いが発生してしまう可能性があります。間違いを修正するにも、やはりコストが必要になります。企業リスト収集ツールは、リアルタイムで情報を集めるので情報の鮮度がバツグンです。また、打ち間違えなどの人的エラーが起きることはありません。

他の方法よりコストが明らかに安い

名簿業者から情報を購入する場合、1件あたり5円からが相場になっています。業者によっては、一件あたり30円かかることもあり、また初回利用時の登録料や依頼のための基本料金を請求されることもあります。自社のスタッフでiタウンページから情報収集して名簿をつくる場合、正社員であれば月給料として基本的に20万円程度は必要になってきます。給料以外にも、社会保険料や福利厚生費などの負担も出ています。アルバイトは、正社員よりは経済的負担はないかもしれませんが、それでも結構な負担になります。企業リスト収集ツール一件あたり1円以下、選択したコースによっては0.72円にすることも可能です。たとえば1万件だと、名簿業者が5万円以上で企業リスト収集ツールだと1万円以下になり、4万円以上の差になります。継続的に大量の企業情報を必要とする会社だと、このコスト差は決して無視できないです。

ツールを使えば柔軟な企業運営がしやすい

企業の情報集めのために自社で正社員を雇用した場合、基本的に会社都合で解雇することはできません。アルバイトやパートだとしても、一度雇用した場合雇用契約の内容にしたがって、雇用を維持し続ける義務が生じます。企業リスト収集ツールを使いiタウンページから情報を集める場合、専属の人を雇用する必要は必ずしもありません。業種や地名など様々な条件を指定すれば、自動収集してくれます。操作もそれほど難しくなく、パソコン操作ができる人であれば基本的に扱うことができるレベルです。圧倒的に、名簿つくりが短時間で作成できるようになります。時間のない営業スタッフでも、他の業務をしつつ名簿つくりができます。企業情報の利用に波があるある会社、一時的に大量の企業情報が必要な会社などに、企業リスト収集ツールはおすすめです。

人気記事ランキング